ニート馬券師の投資競馬指南~馬券年収1,000万円を実現~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高松宮記念2016回顧|ビッグアーサー優勝で新生スプリント王誕生となるのか?




高松宮記念2016はビッグアーサーが優勝。
シルクロードステークス2016組の見解で巻き返しの可能性について指摘したものの、まさか勝ち切ることになるとはその時点では露ほども思わず。が、今となればその理由づけをすることも出来る。



先週の中京芝コースは、これまで見たことのないレベルの高速馬場。
高松宮記念と同じ舞台で行われた芝1200メートルのレースでは、土曜日にレコード決着、日曜7Rでそれを再度更新。高松宮記念の1つ前のレース、10R名古屋城ステークスでは、中京競馬場レコードは勿論、芝2200メートルで2分10秒を切るというとんでもないJRAレコード。タフでパワーが要る本来の中京競馬場芝コースとは全く違う様相となっていた。



ビッグアーサーにとって、この馬場の恩恵は大きかったはず。
ビッグアーサーがそのキャリアで最も強いインパクトを与えたと言っても良いオパールステークス2015。そこで記録したのが1:06.7という超優秀なタイム。3馬身差の圧勝。高速馬場への適性はメンバー中随一を誇っていた。



前走の惨敗を受けて尚1番人気に支持されたのも、競馬ファンがビッグアーサーのこの高速馬場適性を把握していたからだろう。配当期待値から高い評価を与えるのは難しかったが、終わってみれば理解出来る好走と言える。




◆上位3頭は、馬券的には今後も評価を落とすことから考えたい




言葉を換えれば、今回のビッグアーサーの快勝は馬場の恩恵を受けた部分が相対的に大きかっただけで、自身の実力で掴み取った訳ではないと言うことが出来る。本来の中京芝コースの馬場であれば同じような結果になったとは考えづらく、これで堂々新スプリント王の誕生と呼ぶのは早計だろう。スプリンターズステークス2016は勿論のこと、そのステップレースにおいてすら、これまで通りのような取りこぼしの可能性は残ると見る。



G1を制したことでこれまで以上に人気を集めることを考えると、取りこぼした際の他馬からの馬券にこれまで以上の旨みが出る。闇雲に評価を落とせば良いという訳ではないが、他馬が付け入る隙は充分あるだけに、1番人気ならまず、安易に本命を打つより対抗以下に落として他馬から高回収率を狙えないか模索していくのが王道になるだろう。絶対王者として屈服する気は起きない。



2着ミッキーアイル、3着アルビアーノにしてもそれは同じ。
上位3頭が人気通りの決着。一見この3頭がスプリント路線のトップグループとしてその地位を明確にしたようにも見れるが、今回は前述のような高速馬場の影響もあるのか、レースレベル、各馬のパフォーマンス共々、決して高いとは感じられなかった。



ミッキーアイル・アルビアーノは、本質的には芝1200メートルは気持ち短い部分があるだけに、スプリンターズステークス2016は勿論、そのステップレースであっても、ちょっとした不利1つで着順を落とす可能性は充分にある。今回の結果を受けてこちらも不動の人気馬となることを考えると、安易に本命を打つよりは、まずは評価を落とせないかという視点から考えたい。



高松宮記念2016レース動画

時計はともかく上位3頭共インパクト強烈とは言えず…



「評価を落とす馬ばかりで、今後買って面白い馬はいないのか?」という声が聞こえてきそうなので最後に1頭だけ推奨しておく。【人気ブログランキング】(※クリックしてコメント欄参照)



直線では見せ場らしい見せ場はなかったが、そこはこの高速馬場。それへの適性が低かっただけに仕方ない部分がある。それでも、叩いて状態は一変しており、能力の衰えは全く感じさせず。今後への期待を大きく感じさせた。



高速馬場適性がないにも拘わらず、いつもより良いポジションにつけられたのもその一つの証。2桁人気クラスまで人気を落とすことはさすがにもうなかなかないだろうが、条件・メンバー次第では中位人気なら今後も充分あり得る。そういう時にこそ好走するキャラなのは周知の通りで、馬場一つ・展開一つでは、ステップレースどころか、G1の舞台でも好走を期待することが出来るだろう。







関連記事
スポンサーサイト

| 回顧 | 21:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。